【PR】

通信講座で効率よく合格を目指す!

人気資格の宅建ですが、令和4年度の出願者数は283,856人、そのうち245,331人もの方が合格証書を手にできませんでした

資格娘
資格娘

ここ数年は15%前後の合格率です

このような難関試験の宅建に合格するには、効率よく試験対策を進めたいところ。特に学習時間に制約のある社会人受験生の方は、スキマ時間も無駄にしない通信講座がおすすめです。

おすすめの通信講座まとめ

ここから実績ある大手予備校を中心に、おすすめの通信講座を厳選します。

通信講座おすすめポイント詳細
LEC↓
LEC

(5.0 / 5.0)
宅建試験の指導開始は1985年(指導歴38年)というレジェンド的予備校。2021年度受講生合格率は71.3%(全国平均の約4倍、注1)。伝統と実績の通信講座、登録実務講習、待望の低価格講座「スキマ時間で宅建合格Webコース」まで。各種割引キャンペーンも。公式LEC宅建講座(無料お試し講座あり)詳しく
フォーサイト↓
フォーサイト

(4.5 / 5.0)
令和4年度受講生合格率は75.0%(全国平均の4.41倍、注2)。「フルカラーテキスト」「高品質の映像講義」「どこでも学習・eラーニングシステム」「受講生参加型ライブ講義・eライブスタディ」で、最短最速の合格を目指す。公式フォーサイト宅建講座 (無料お試し講座あり)詳しく
アガルート↓
アガルート

(4.5 / 5.0)
令和4年度受講生合格率は59.5%(全国平均の3.50倍、注3)。不動産資格の女王・工藤美香先生や、元大手予備校講師の小林美也子先生など、実力派講師による講義。質問回数無制限。やる気アップの合格特典も。公式アガルート宅建講座 (講座無料体験あり)詳しく
スタディング↓
スタディング

(4.5 / 5.0)
コスパ・タイパで選ぶならスタディング。受講者数20万人(2023年3月現在、全コースで)を突破した人気の通信講座
豊富なAI機能(学習管理機能など)があるから、忙しい社会人におすすめ。公式スタディング宅建講座 (無料お試し講座あり)
詳しく

(注1)全国模試をすべて受験・模試正答率60%以上の受講生が対象。対象受講生443名316名が合格。(注2)合格率は受講生アンケートによる。2022年度合格者数は872名。(注3)合格率は、入門講義・演習講義受講生のアンケート集計結果による。

スタディング宅建講座

次にご紹介するのが、スタディング宅建講座 です。

スタディング(旧、通勤講座)は名前にあるように、通勤時間中とか「いつでも」「どこでも」「何度でも」スタディできるオンライン通信講座。難関国家資格を中心に講座を展開しており、受講者数も全コースで16万人を超えています。

【テレビCM】「資格合格パートナー・スタディング」

このスタディング宅建講座ですが、「インプット講義」はもちろんのこと、「問題演習」などアウトプット講座にも力を入れています。

宅建に挑戦したものの挫折した方もいらっしゃるでしょう。それは忙しく十分な学習習慣が確立できないためですね。

そこでスタディングでは、

  • 1単元の講義が短く、スキマ時間で学べる
  • 初心者でもわかりやすいビデオ+音声講座
  • AIを駆使した、時間を無駄にしない効率的な復習システム
  • 段階的なアウトプット学習で合格力アップ!
  • 挫折しそうな時も仲間がいるぞ!学習仲間機能。

など、工夫されたカリキュラムが特長。もちろんオンラインに特化した講座なので、低価格で気軽に宅建にチャレンジできます(無料お試し講座あり)。

↓スタディング宅建講座の詳細はこちら。公式ホームページでは具体的な1日のライフプランスキマ時間を利用した受講方法)もご提案。

スタディングはこちら

【動画】「宅建合格者インタビュー」。講座の受講方法も。

受験開始から合格までのロードマップ

【先着100名さま】人気の試験攻略本プレゼント!

宅建試験は決して簡単な試験でありません。最初に受験開始から合格後までのロードマップを確認しておくことが大切です。

そして今どこにいて、何をすべきか?明確にしておきましょう。

資格娘
資格娘

全部で14のステップです

  • 【受験開始】宅建試験の出題分野や傾向、合格ラインなどを確認
    • まずは敵を知ることから。特に満点を目指すのではなく、合格ラインの突破を目標にしましょう
  • 合格者の勉強法を知る
    • PDCAサイクル(Plan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Action(改善))を繰り返すことがビジネスの鉄則ですが、宅建試験は年1回の実施なので、合格者の勉強法=Check(評価)から始めます。失敗は許されません。
  • 宅建マンガの利用
    • 通信講座の利用でも独学でも宅建マンガの利用はおすすめです。最初に全体像がスピーディーにつかめます。
  • 自分に合った通信講座を選ぼう
    • 合格率や授業時間、価格、フォロー体制、講師の教え方のうまさなど、ご自分にあった通信講座を選びましょう。
  • 苦手分野の克服
    • 苦手分野の克服が合格への近道です。勉強法など動画も参考にしてください。
  • 法改正や最新情報の確認
  • 模擬試験の受験
    • 宅建試験は相対評価で合格が決まります。成績処理がされる模擬試験を受験しておきましょう。
  • 直前講座の受講も
    • 苦手分野の克服はもちろんのこと、的中講座の利用も
  • 出題予想を利用
    • 書籍タイプの模擬試験や予想動画の利用も
  • 【本試験直前】応援動画でやる気アップ!
    • あとは精神力で乗り切りましょう。そんなモチベーションアップに役立つ応援動画です。
  • 【本試験を受験】解答速報で予想ボーダーや出題傾向などをチェック
    • 予想ボーダーに一喜一憂するのはダメです。フィードバックが大切です。
  • ステップアップを目指す
  • 登録実務講習を受講しよう
    • 実務経験がない方は登録実務講習の受講が必須です。受講のポイントも。
  • 不動産業への就職&転職

ここまで受験開始から合格後までのロードマップをまとめました。常に地図を確認して、今何をすべきか明確にしましょう。

まとめ

ここまでおすすめの宅建試験の通信講座をまとめました。

本サイトでは、各予備校(スクールの特長)はもちろんのこと、試験に関する情報(合格率など)や学習法、おすすめのテキストや過去問題集なども併せてご紹介していきます。

ぜひ合格までお付き合いください。