宅建試験は決して簡単な試験でありません。最初に受験開始から合格後までのロードマップを確認しておくことが大切です。

そして今どこにいて、何をすべきか?明確にすることが大切です。

(スポンサーリンク)


  • 【受験開始】宅建試験の出題分野や傾向、合格ラインなどを確認

    まずは敵を知ることから。特に満点を目指すのではなく、合格ラインの突破を目標にしましょう

  • 合格者の勉強法を知る

    PDCAサイクル(Plan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Action(改善))を繰り返すことがビジネスの鉄則ですが、宅建試験は年1回の実施なので、合格者の勉強法=Check(評価)から始めます。失敗は許されません。

  • 宅建マンガの利用

    通信講座の利用でも独学でも宅建マンガの利用はおすすめです。最初に全体像がスピーディーにつかめます。

  • 自分に合った通信講座を選ぼう

    合格率や授業時間、価格、フォロー体制、講師の教え方のうまさなど、ご自分にあった通信講座を選びましょう。

  • 苦手分野の克服

    苦手分野の克服が合格への近道です。勉強法など動画も参考にしてください。

  • 法改正や最新情報の確認

    宅建試験では宅建業法などの法改正も。最新情報をつかむようにしてください。

  • 模擬試験の受験

    宅建試験は相対評価で合格が決まります。成績処理がされる模擬試験を受験しておきましょう。

  • 直前講座の受講も

    苦手分野の克服はもちろんのこと、的中講座の利用も

  • 出題予想を利用

    書籍タイプの模擬試験や予想動画の利用も

  • 【本試験直前】応援動画でやる気アップ!

    あとは精神力で乗り切りましょう。そんなモチベーションアップに役立つ応援動画です。

  • 【本試験を受験】解答速報で予想ボーダーや出題傾向などをチェック

    予想ボーダーに一喜一憂するのはダメです。フィードバックが大切です。

  • ステップアップを目指す

    宅建資格を持っている人はたくさんいます。さらなるステップアップで差別化を目指します。おすすめ資格はマン管・管業・賃管・司法書士・不動産鑑定士・行政書士です。

  • 登録実務講習を受講しよう

    実務経験がない方は登録実務講習の受講が必須です。受講のポイントも。

  • 不動産業への就職&転職

    不動産業に特化した転職エージェントがあります。

ここまで受験開始から合格後までのロードマップをまとめました。常に地図を確認して、今何をすべきか明確にしましょう。

(スポンサーリンク)

© 2021 資格娘の宅建おすすめ通信講座!口コミと評判まとめ